出発

料金を支払い、予約確定後には、当日に出発時間までにゆとりを持って集合場所へと行くことになります。出発時間以外に集合時間が定められていることもあり、その場合には集合時間に間に合うように行きます。

集合場所に行くときには、高速バス乗車券を忘れずに準備しておかなければなりません。高速バス乗車券は主に印刷したものをバスに乗る際に提示するパターンと、WEB乗車券を使用し、スマートフォンなどの画面を乗車時に見せるパターンとがあります。なお、コンビニ決済を選択した場合には、その支払領収書を持って行く必要があるウェブサイトもあります。

乗車券は忘れてしまうと高速バスに乗ることができなくなってしまいます。コンビニ決済の場合の除いて領収書や本人確認書類の提出でも乗車不可、さらには返金・補償がないこともあるため注意が必要です。

また、当日になって集合場所がわからず道に迷ってしまうこともあります。このような場合の緊急連絡先を用意している比較予約サイトもありますので、事前にスマートフォンなどに登録しておくと安心です。そのほか、荷物が多い場合にはどうなるのか不安に感じている人もいるでしょうが、車内や床下のトランクの利用が可能な場合があります。ただ、持ち込みできないものもありますので、事前に確認しておくことが大切です。